スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ノイズという芸
ピーガラガラガッシャン.初めてノイズを聞いたのは高校の終わりのころ。多分ハナタラシ、これは誉め言葉で言うが極めて高度なセンスに笑いだとおもった。当時の芸人におきゃんぴーという女のコンビがいたが、僕の中では近かった。ナンセンスとかシュールというよりノイズ。ノイズといって雑音と思う人が多いし、もっといえばノイズ自体聞いてない人がほとんどだろう.なぜ自分が人に伝りにくいことを書いているのか、最近シティーボーイズのビデオをみてまだ小さかったころの宝島やその周辺のサブカルチャー思い出しクイックジャパンのお笑いに関する記事がいかにだめかふつふつ思ったからだ。笑い飯を面白がってないで、おきゃんぴー及び象さんのポットの再評価そして幻の芸人ジャン相見こと私を紙面で取り上げるように提言する。
ところでホリエモンは何才まで童貞だったのだろうか?私は24才とにらんでいる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。