スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブラジルの若者はボサノバ聴いてないってさ
マツケンこと松平健さん御結婚おめでとうございます。せっかくのお祝いごとなので、全国民が突っ込みたいあのことは野暮なのでやめときましょう。ところで気になってたことですが、土曜日のお昼にやってる番組何健さん引き受けてるんですか。見るたんびに健さん料理作ってるだけじゃないですか?一応あれもトーク番組でしょう。いいですか健さんは筧利夫みたいに演技も大根だが、トークも浮いてる役者じゃないんです。悲しいかな今の世の中役者も気の利いたことをいえないと低く見られる傾向にあります。健さん踊ってばかりいないでまた暴れん坊将軍復活させましょう!
マツケンサンバの振り付けのおやじにいいひと見つかりますように

スポンサーサイト

FUNKY喜劇役者
笑いのことについて書いてる本を集めるのが好きな私だが、もし自分が書ける機会があったら書きたい人がいる。私が思う最高の喜劇役者こと田中邦衛。この方のコメディーセンスは最高だ、若大将シリーズでの青大将の演技振りもさることながら、任侠映画で高倉健とのやり取りの芝居、仁義なき戦いでの間抜けなやくざ、最近では三谷幸喜の映画でもいい感じだった。評論家という奴は伊東四郎のことは必要以上に誉めすぎている。最後の喜劇人とかね。簡単なことしてるよな、まぁともかく田中邦衛は北の国からだけじゃないんだぞと言い
たいわけですよ。
三谷幸喜はオナニストだね。


DUST MY BROOM
さる御方の結婚のために、国の予算から約1億6千万円支払われるそうだ。わざわざこんなこと発表して貧乏人の神経逆なでするぞと思ってたがやってくれました報道ステーション、さっそく街頭インタビュー台所感覚の大好きなおばちゃんを捕まえて。出るは出るはひがみの言葉、中にはセキュリティーのために必要とピントこない発言をするサラリーマンいたりしたが、朝日というのは本当にあそこらへんがきらいなんだなー。でも黒ちゃんのことも考えてやれよと、それ以上いえないがもう一度いう黒ちゃんのことも考えてやれと。

芸者ソウル
面倒だから略、ドリカム作ったらしいなドリカム記念館というなのテーマパークを、なに飾るんだトロフィーか盾か?それとも現役時代に自分の記念館を建てた落合博満に対してのリスペクトか?さすが自分たちのことをドリといってしまうセンス、相手にされてないのにアメリカに行き久保田利伸同様、出稼ぎで日本で小金を貯めNYに行き金を落とす。大変アメリカの貿易黒字に貢献する非国民。おいおい黒人にとって歌ったり踊ったりバスケすんのは、貧乏からの脱出、手段だぞ。そこで花魁ソウルと言うのはどうか?大丈夫吉田美和は中途半端に英語の歌がうまいんだから。
よだんだがドリの2人はやってない、やってるところを想像したくない。



たったひとりのサザンロック
萩原流行や春風亭小朝の髪型が変だということは知られて久しいが、浅野忠信の髭はどうなのだろうか?これもまた変だろう。彼はかなり前野外のテクノイベントに出没しているときいたが、今度はサザンロックか?グレイトフルデットでも降りてきているのか、それともただ単にCHARAとの結婚生活がうまくいってないのか、自分が実のところ大根役者という事にきずいてしまったのか。いずれにしても問題なのが似合わないということだ。早めに自覚してもらいたいものだ。
でも俺は悪いけどどちらかといったらUAとやるね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。